プロミスの申し込みと返済方法

MENU

プロミスの申し込みと返済方法

プロミスには便利なサービスが多いです。
プロミスのお得なサービスで申し込みできれば、返済もスムーズになって便利です。

▼すぐにお金を借りたいなら迅速なプロミス▼

プロミス

>>プロミスの詳細はこちらから確認できます!<<

 

即日お金借りるのに最適なおすすめの消費者金融ランキング

プロミス

ランキング1位

実質年率 4.5%~17.8%
利用限度額 1~500万円
審査時間 最短30分
特徴 最短1時間融資なのでお急ぎの時も頼れる!
自動契約機の設置台数No1なので夜・土日祝もOK!
女性にはプロミスレディースもあります!

アコム

ランキング3位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 800万円
審査時間 最短30分
特徴 即日融資は最短1時間で借入も可能です!
30日間金利0円サービスも実施中!

モビット

ランキング2位

実質年率 3.0%~18.0%
利用限度額 1万円~800万円
審査時間 10秒簡易審査
特徴 [10秒簡易審査]即日審査・即日融資のサービス
[WEB完結申込]秘密重視のサービス

※審査結果でご希望に沿えないこともございます。

プロミスのキャッシングの特徴

プロミスから借り入れをしたことがある人ならわかっているでしょうが、借金をするためにはその審査を受けて承認されなければなりません。
返す当てのない人にお金を貸してくれる金融会社などありません。

 

プロミスは三井住友銀行系列の消費者金融ですから、会社自体は十分信頼できるでしょう。
そのため審査も厳しいイメージがありますが、銀行とは違いますから、比較的緩い審査条件となります。

 

年齢は20歳から69歳までが普通ですし、年収に応じて借り入れ上限額と利率が決まります。
リスクが高い人ほど利率は高くなりますが、これは消費者金融に限らず融資の性質から言って当たり前と考えるべきです。

 

プロミスの審査を心配している人は実際に消費者金融を利用したことがない人でしょう。
一度でも利用した経験を持っていれば、あまり深く考えないからです。
あなたは何のために借金を使用としているのかを考えてみましょう。

 

ギャンブルや遊びのための資金であれば、自分の給料で間に合うところで止めておかなければなりません。
それができない人は非常に危険です。
自己破産への道を歩んでいると考えてください。

 

プロミスは健全な経営をしていますから、融資に怪しいところは全くありません。
すべて、ホームページに掲載された条件で融資が行われます。

 

それでは、自分の希望が満足できないと言うのであれば、それは借金自体を再考すべきです。
何とか無理して借金をしても、自分の首を絞めるだけです。

プロミスの審査の実態

消費者金融を利用しようと考えている人は、審査基準がどうなっているかが気になるようです。
それは、一般の銀行系カードを利用できない状態になっている人が消費者金融を当てにしているからです。

 

プロミスは商品者金融としてかなり著名ですから、利用したことがなくても会社名を知らない人はいないでしょう。
ただ、具体的な審査基準はどうなっているのでしょう。

 

プロミスの公式ホームページにはきちんと掲載されています。
特別にハードルが高いわけではありませんが、返す当てがない人が借りられるほど甘くありません。

 

まずは、年齢と安定した収入が必要です。
年齢は20歳から69歳ですから、この条件をクリアできない人は問題外です。

 

それから、申込時に住所や電話番号などを記入しなければなりません。
住所不定や電話を持たない人も審査基準を満足しません。

 

免許証などの本心確認書類はプロミスでなくても必要でしょう。
このような条件を満足できない人は普通の感覚で考えても非常に危ないと言えます。

 

これらの条件を満足しているとしても、一番大事な審査基準は信用情報です。
つまり、他社での借り入れ状況や過去の借り入れ履歴です。

 

債務整理をしていたり、返済遅延を起こしていたりすると審査基準を満足しないことが少なくありません。
表向きの審査基準はクリアしていても、審査をクリアできないことがあるのです。
職業によって、審査が厳しくなるのではないかと思っている人も多いのですが、現実的にはほとんど関係ありません。

プロミスの審査と年齢

消費者金融として大手のプロミスはたくさんの人が利用していると言われています。
どのような審査基準があるのかを具体的に知らずに申し込みをする人が多いため、基本的な審査基準の部分でパスしない人もいます。

 

ただ、普通の社会人であれば、問題なく審査はクリアすると考えていいでしょう。
まずは年齢ですが、20歳未満の未成年者は当然ながら借りることができません。

 

また、69歳を越える高齢者も審査基準を満足できません。
年齢条件で引っかかってしまう人たちはプロミス以外のどこで借金するのでしょうか。

 

20歳を超えていれば、自分の責任で行動することができます。
つまり、プロミスの審査はパスするのです。

 

ただし、職業として学生は基本的に収入がありませんから、プロミスの審査は受けられないでしょう。
学生がプロミスを利用すると言う状況自体が正常ではないと考えられるのです。

 

現実的にどのような人がプロミスを利用しているのでしょうか。
どこから借金をしてもいいのですが、借りたお金は利子を付けて返済しなければなりません。

 

それができる人がプロミスの審査をパスしないと考える方がおかしいのかもしれません。
ただ、残念ながら審査基準を満足できない人もいます。
住所不定の人や安定した収入がない人です。

 

インターネットではプロミスの審査条件がどうなっているかを説明しているサイトがあります。
このサイトを読んで納得している人はどのような人なのでしょう。
ネットのアクセスができるなら、審査条件の大半をクリアしているのです。